代表挨拶

瀬間隆司

私ども株式会社クレアークは、主に店舗事業や中小・零細企業経営者様に対して、必要とされる専門性の高いアドバイスをベースにM&A案件の仲介業務、M&Aアドバイザリーサービス、業務提携の仲介をご提供し、経営者様のお役に立つ事を目的に、2011年8月に設立致しました。

経営者様が手塩にかけ、一所懸命に育ててきた会社が、末長く続く事は経営者様にとって、共通の願いではないでしょうか。事業再生の仕事を通じて「会社は我が子のように大切だ」とおっしゃる経営者様と沢山触れ合ってきました。

しかし、長年会社を経営していく中、リタイア世代の経営者様のおよそ半数近くが後継者問題に悩んでいると言われています。

「後継者問題」や「事業の将来性の不安」「苦労をするから継がせたくない」などと行った悩みを抱え、だれにも相談できずに日々悩み続け、出口を模索されている方も多い事だと容易に推測できます。

多くの中小企業経営者様は、そのような悩み抱えながら、老いや健康不安と戦いつつ、経営を続けているのが現実なのかもしれません。

その一方で、「新規事業に進出したい」「事業拡大したい」等と会社の将来を見据えた経営戦略をお考えの方もいらっしゃるかと思います。また、新規開業したいとお考えの個人事業主の方も多くいらっしゃいます。

このような現状を背景に、実は今、中小企業の事業承継問題の解決策としてのM&Aが件数が急増しています。なぜなら、友好的なM&Aでは、

  • 事業をそのまま引き継ぐ。
  • 技術力やノウハウを正当に評価する。
  • 従業員はそのまま雇用。
  • 取引先を継続する。
  • 社名、店名を残す。

という条件で、経営者は変われど、会社はそのまま残す事が可能だからです。

そこで私はまずはM&Aには縁がないとお考えの皆さんに、M&Aを利用すると、事業承継をはじめ、様々な問題を解決する事ができると言う事をしって頂きたいと思いました。

M&Aの実務は複雑で、種類も目的も多岐にわたります。だからこそ、中小企業の将来に対しては、様々な可能性をもっています。ハッピーリタイアがなかなか見えてこない中小企業経営者様にもM&Aは新たな「出口」を提案する事が出来るのです。

当社は使命感を持って、中小・零細企業経営者様の様々な課題や問題にお応えし、経営者の皆様の想いを実現できるよう、そして、日本経済活性化に貢献できるよう最大限の努力をして参る所存でございますので、引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。