購入までの流れ

1)事前相談

  • 無料相談をお受けください。(秘密厳守)
  • 貴社の事業内容、今後の事業展望、どういった事業が対象となるのか、ご希望エリア、ご予算などについてお伺いします。もちろん秘密厳守で対応いたします。

2)データベース登録、買いニーズ情報として掲載

  • 貴社のニーズに合致しそうな譲渡企業が出てきましたら、あらためてご連絡させて頂きます。
  • 購入条件等の登録を行ってください。登録期間は原則として6ヵ月間です。
  • ご希望であればM&Aマーケットの状況など定期的に情報交換をさせていただきます。

3)売り手先の探索

  • 弊社に売り手登録されている方や独自のネットワークの中から、ご希望の条件に最適な企業を探し出します。
  • 詳細な資料の提出や交渉を進める場合は、弊社と秘密保持契約およびアドバイザリー契約の締結が必要です。

4)ノンネーム概要にてご提案

  • 貴社のニーズに合致する案件または、貴社が取り組まれると良いのではないかと当社が考える案件がある場合にはノンネームの概要にてご提案します。

5)秘密保持契約所のご提示

  • ご提案した譲渡案件について、前向きに検討したい場合は秘密保持誓約書を差し入れていただきます。
  • 譲渡企業の社名、ホームページ等をご案内し、譲渡企業に関する決算書等の財務諸表を始めとした詳細資料を開示するとともに譲渡企業のご希望についてご説明いたします。

6)詳細資料による検討

  • 詳細資料にて検討を進めていただき、案件として引き続き前に進めるか否かをご判断頂きます。
  • 前向きに進めたいという場合には売り手企業オーナーとお引き合わせします。
  • トップ面談にて、譲渡企業の事業の現状や譲渡理由などについて直接ご確認いただきます。

7)基本合意締結、及び買収監査

  • M&Aの諸条件が固まった段階で、それらを確認し、合意するため「基本合意書」を締結します。
  • 基本合意締結後、貴社の選定した会計士等による買収監査(デューデリジェンス)を実施します。
  • M&Aの買収監査の経験のある会計士等をご存じない場合は、当社で中小企業M&Aの買収監査の経験豊富な会計士を紹介します。

8)買収条件の確定、最終契約書の締結

  • 円滑なバトンタッチを行うため、主要取引先への挨拶、従業員への公表の段取りやタイミングなど協議を行います。
  • 譲渡企業オーナーとこれまで確認してきた条件、内容について記載した最終契約を締結し、譲渡代金の決済を行ないます。
  • 弊社に成功報酬をお支払いいただきます。

9)業務引継ぎ、新体制でのスタート

  • 譲渡企業オーナーと協議の上、一定の期間、事業が円滑に承継されるように業務の引継ぎを受けながら、新しい体制でスタートします。
  • 顧客、従業員がスムーズに引き継がれて良いM&Aになるように協力しながら進めていって下さい。